配達サービスで豊かな生活を

再配達を防ぐには?今日から出来るちょっとしたコツ

>

家にいなくても再配達は防げる

自宅におけばOK!宅配ボックス

自宅付近にコンビニ等がない、自宅にいてもチャイムに気が付きにくい人にオススメなのが宅配ボックスです。

宅配ボックスは、配達業者がボックス内部にある印鑑を押し、配達物を入れ蓋を施錠。受取人がボックスを開錠して荷物を受け取る方法です。

施錠方法は配達業者が暗証番号を設定し、受取人が通知を受けた暗証番号で開錠するタイプ、内部に施錠装置あり、セットして蓋を閉めると施錠され、受取人は専用の鍵を用いて開錠するタイプ等があります。
オートロックマンション等、宅配ボックスの専用スペースが確保されているところもあります。

形状は頑丈な備え付け型や折り畳み可能の簡易型、大きいものから小さいものまで様々あります。備え付け型はセキュリティ面に優れている分、高価なものが多いです。簡易型は防犯対策等に工夫を要するものの、安価なものが多くお手軽に利用できます。

宅配ボックスの利点と欠点

宅配ボックスのメリットとしては、配達時間に自宅にいる必要がありません。反対に、自宅にいて、配達員が来たことに気付かなくても受け取れます。
病気で寝込んでいる場合にも重宝しますね。
また、一人暮らしの女性や留守番中のお子さんが、宅配業者を装った犯罪被害に遭うことを回避できます。
種類が様々あることから、自分に合ったボックスを選べる点も魅力といえそうです。

一方、デメリットとして、一度入れたら施錠される構造上、利用出来るのは配達物一つのみです。
生ものや冷凍食品、ボックスの容量を超えた大きさの物等、利用できない配達物があります。対策がなされていても、安全面を考慮して配達員が入れない可能性もあります。
また、簡易型等のセキュリティ面に弱いものは盗難被害を受けるおそれがあります。