配達サービスで豊かな生活を

再配達を防ぐには?今日から出来るちょっとしたコツ

>

自分に合った配達方法を指定

配達日時を指定して自分の時間を確保

最初に紹介するのは配達の日時指定です。
三大宅配業者であるヤマト運輸・佐川急便・日本郵便は午前中、12~14時(ヤマト運輸は除く)、14~16時、16~18時、18~20時の時間帯は共通し、ヤマト運輸は19~21時、佐川急便は18ないし19~21時、日本郵便は20~21時で時間指定を受け付けています。

日時指定のメリットは自分の都合に合わせた配達を設定できる点です。
午前中ないし2時間程度配達に注意すれば足りるので、時間を効率的に活用できます。お祝いごとの時間帯に合わせてサプライズプレゼントを贈るといった活用もできます。

デメリットとしては、配達指定の範囲に限界がある点。宅配業者の多くは通常配達予定日から10日、冷凍食品の場合は最大3日を超えて日時指定をすることはできません。
長期外出をする場合、この方法は適さないといえます。

近くなら受け取りも苦じゃない

自宅で受け取るのが難しい人にオススメするのは自宅以外での受取りです。
宅配業者によっては、自宅以外にコンビニや宅配業者の営業所で配達物を受け取ることが可能です。指定先に配送された場合、メール等で連絡が行くので配達を気にせず生活することができます。

自宅以外で受け取るメリットとしては、家族へのサプライズプレゼント等、同居人に知られずひっそりと荷物を受け取ることが出来る、コンビニを利用することで、配達可能時間に関係なく荷物を受け取ることができる、急な出張があっても、必要な物を出張先で受け取れる点が挙げられます。

デメリットとしては、冷凍品や規定を超える大きさの荷物など、取り扱えない物がある、重量がある荷物だったり、利用可能な場所が自宅から離れている等、持ち帰りに苦労する場合がある、自宅配達と比べて指定先への配送が遅くなる可能性がある点が挙げられます。