配達サービスで豊かな生活を

再配達を防ぐには?今日から出来るちょっとしたコツ

>

再配達のない快適な配達サービスをあなたに

配達員もつらい…受け取る側から変わろう

何故都合の悪い時に配達物が来てしまうのでしょうか。

実は、受け取る側の約4割は配達されることを認識していません。また、1日2万個の配達物が居留守で受け取られていない可能性があるといわれています。
「寝起きで出られる格好じゃない」「掃除中で手が離せない」
一見理由があるとも思えますが、配達が来ることをわかっていれば、それなりの準備は可能ですよね。
再配達の原因の一端は私たち受け取る側の意識の低さにあると言えそうです。

現在、配達員の人手は不足しています。再配達による二度手間は、配達員一人一人に大きい負担をかけており、疲労によって思わぬ事故を引き起こす恐れがあります。また、配達業務の質の低下が起こり、結果的に利用者である私たちに不利益が返ってきます。

まずは自分の注文した物の流れに興味を持って、受け取りができるようにしましょう。

配達サービスも情報が大事

情報化社会において、配達に関する情報も容易に得ることができます。情報を入手するツールも多種多様です。

ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便の三大宅配業者を例に上げますと、Lineやメールから配達状況の通知が来たり、専用のHP・アプリを用いて配達に必要な日時・配達状況を確認することができます。
更に、宅配業者を問わず自分の荷物の配達状況を追跡できるアプリも存在します。

情報を収集すれば、配達物がいつ来るか、受け取ることができるか予め把握できます。得た情報から、受け取りが困難と判断すれば、後述する日時指定を行う。配達員と直接連絡を取りあうことで調整する等の対策を取ることができますよね。
特定の宅配業者を愛用している、ネットショッピングが好き、PCよりスマホの方が使いやすい等、人によって配達サービスの利用傾向やツールの使い勝手は異なります。
自分に合ったツールを探してみましょう。