配達サービスで豊かな生活を

再配達を防ぐには?今日から出来るちょっとしたコツ

意識の変化が何より大事

通信販売が普及し、友人からの贈り物から食べ物、生活用品まであらゆる物が配達されるようになりました。
お買い物をしに出かけなくて済むのというのはとても便利ですね。

その一方、いつ配達されるのかわからず、外出中に配達員が来てしまった。帰宅するとドアには不在通知が…といったことも、日常のあるあるな出来事になっています。

宅配便の取り扱い個数は、2017年時点で約42.5億個。2018年段階で約15.0%が再配達されているといわれています。実に6億3750万個もの配達物が再配達されていることになります。
現在再配達は無料で行われています。しかし、年々配達物が増加しており、宅配業者の負担も重くなってきています。そのため、再配達については有料化しようという動きもあるようです。
再配達の問題は、送り手、受け手どちらにも不利益が生じてしまいます。

だからといって、いつ配達が来てもいいように自宅にいる。チャイムの音を聞き洩らさないよう、音をたてず、耳に神経を集中して一日を過ごす、というのは現実的ではありません。折角の便利なサービスも、日々の生活を圧迫しては利用しても無意味ですよね。

再配達を防ぐ方法は難しくはありません。ちょっとした意識をもって準備することで、配達サービスの利益を余すことなく受けることができます。

本サイトでは、再配達を防ぐ方法をいくつかに分け、それぞれの利点と欠点も併せて紹介します。
紹介した方法を組み合わせるなどして、配達物の円滑な受け取りにお役立てください。

再配達のない快適な配達サービスをあなたに

何故配達物を受け取れない状況が起きるのでしょうか。それは私たちの甘さが原因でした。まずは配達物を受け取る心構えを持つ必要があります。 宅配業者によっては、配達物に関する情報を提供するサービスも行っています。遠慮することなくどんどん利用して配達物を受け取りやすい環境を作っていきましょう。

自分に合った配達方法を指定

再配達は、配達時に配達物を受け取れないから起こるものです。 とすれば、自分が配達物を受け取れる時間、場所を設定し、ちゃんと受け取ることができれば再配達を防ぐことはできます。 この項では「時間」と「場所」に視点をあて、配達物を受け取る方法を紹介します。

家にいなくても再配達は防げる

いつ配達員が来るかわかっても、どうしてもその時間に自宅にいられない。急な予定の変更が多くて、なかなか自宅にいる時間を確保できない人は数多くいると思います。 そんな人でも、安心して配達物を受け取る方法はあります。 自宅にいなくても再配達いらず。そんな方法を紹介します。